スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『なごみさん』極道か否か・・・極悪(顔)喫茶開店!
いまではあちらこちらでシャッターが下りている、
かつてはにぎわいのあった鶴亀商店街。
この商店街に一軒の喫茶店が開店した。
「cafe 和」改め「極道珈琲店」。
マスターの山本和は美人な娘・凛と愛猫・おにぎりとこの喫茶店を経営。
マスターの淹れるコーヒーは美味しいし、甘党だけあってケーキなんかもうまい。
でもこのマスター・・・とにかく顔が怖い!
そう、マスターは凶悪極道顔!だったのです。
凶悪な顔力の迫力に押されながらも商店街に人々の気を惹くマスターと、
商店街の面々、住職、学生、マスターの元同僚達で賑わう、
「極道珈琲店」のなごみ系喫茶コメディ。

「cafe 和」名前とはうらはらな和めない顔のマスターがお出迎えする喫茶店。
還暦を機に一人娘と喫茶店を開店することにしたマスターなんですが、
人を怯えさせるほど凶悪顔で開店1号目のお客さんも逃げてしまいます。
したり顔のマスターですけれど、これまた顔が怖い。
それを見た商店街の電気屋の高橋さんと酒屋の両角さんは好奇心でお店に訪れるんです。
冗談も空回りですが、なんだか憎めないマスター。
でも気になるのはマスターの元職業・・・。
そこへ猫好きで鶴亀寺の住職が現れて、
サラリと「マスターやくざだったの?」なんて聞くわ、
顔が和じゃないから「極道珈琲店」にしたらなんて言うわ、マスターは言うこと聞くわ。
初日ですっかり街にとけこんでしまうからおもしろい。
マスターの不器用さにツッコミをいれるのは娘さん、
不器用さをおもしろく引き立てるのは常連客。
そしてあの凶悪顔・・・なごみさん、本当なごませてくれるんです。
またそのやりとりが行われる場所がさびれた商店街の喫茶店というのがいいんですよね。
あくまで話はこの喫茶店が中心、
まるでシチェーションコントのようなベタさが、
コメディ色をあげているんだと思います。

さてマスターが鶴亀商店街に来て活気は戻ってくるのか?
マスターは救世主か厄病神か・・・。
なーんて、カタイことはおいといて、
あなたも「極道珈琲店」でコーヒーを一杯いかがですか?
読めばあなたも鶴亀商店街の一員です。

なごみさん(1) (モーニングKC)なごみさん(1) (モーニングKC)
(2010/06/23)
宮本 福助

商品詳細を見る
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://meganechanblog.blog104.fc2.com/tb.php/1016-6bd45c79
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。