スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『花のズボラ飯』ズボラ飯も駄洒落も天下一品!
駒沢花30歳、主婦。夫は単身赴任中。
本屋さんでバイトをしながら過ごす花はひとり暮らしのようなもの。
料理は得意な方だが、性格が功を奏して(?)
ズボラ(手抜き)な料理になってしまう。
そんな花が送るズボラ飯グルメショート作品。

原作は『孤独のグルメ』の久住昌之さん。
これを聞いただけで間違いなくウマイ料理がたくさん出てくるんだろうな、
と想像がつきますよね。
そこに作画の水沢悦子さんが描く、
主人公の花や食べ物のズボラっぷりがリアルでいいんです。
この2人のタッグで『女版孤独のグルメ』の出来上がりというわけです。

バイト先の本屋でバカップルの非常識な行動にストレスな花は、
帰りの電車でも、
「やな客にあうとホント疲れ倍増 本も読む気になりまセーヌ川・・・」
とつぶやきながらクタクタで帰宅。
昨日から保温しっぱなしのご飯を茶碗に盛ると、
真ん中ほりほり卵わりわりいれいれ、ハシで黄身に穴をあけて、
そこに醤油をシンチョーにたらし入れ、ラフにザクザクして、
“たまごかけごはん”を食べる花。
途中、しば漬けがあったはず!と取りに行くと、
皿に盛らずしば漬けを袋から直食い、ピッタンコの相性と感じたら迷わず、
がつがつ はぐはぐ しゃぐしゃぐと食べる!!
「今ならアタシ、ブタと呼ばれてもいいっ 幸せなブタちゃんです」
なんて言いながら勢いで2杯いっちゃう花。

花にかかれば“たまごかけごはん”もすごい美味そうなご飯に早がわりします。
他にも、「みょうがと薬味いっぱいそうめん」「3日目のカレー」
「サッポロ一番塩ラーメン野菜炒めドカのせ」「簡単肉なしキムチチャーハン」
「白いご飯に丸美屋ののりたま インスタントの松茸のお吸い物」
などなど、素朴なのに美味そうな食のオンパレード。
誰でも食べたことのある味は想像できるだけに、お腹がすきます・・・ぐう。
個人的に花の食べっぷりをもっと溜めて描いてほしいな、と思いましたが、
読んだ後ズボラ飯に挑戦してしまったあたり、キチンと感化されてしまうからすごい。
空腹時に読むの危険ですが、お腹がすく美味しそうなグルメショート作品おすすめです。
ちなみに個人的に美味しそうに食べる作品トップ1・2は、
『極道めし』『おいピータン!!』です、こちらもおすすめですよ!

【紹介エントリー】「極道めし」は世界初のバーチャルグルメマンガです。
【紹介エントリー】「おいピータン!!」と男と女と食べ物と。

花のズボラ飯花のズボラ飯
(2010/12/20)
久住 昌之、水沢 悦子 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://meganechanblog.blog104.fc2.com/tb.php/1122-97fcb426
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。