スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『旅する缶コーヒー』缶コーヒーがある風景
ロンドンに長期休暇を利用して旅行にきたある日本人夫婦。
ここ半年、夫は7キロも体重が増えた。
3ヶ月前から食生活を見直すために始めたレコーディングダイエット、
栄養管理をするために昼は弁当、おやつなどそれ以外の食べ物もすべて報告。
しかしまったく痩せない夫はノートには書かれない2重の生活がるのでは、
と妻が疑念を抱いたのは3ヶ月前のカーナビの履歴にあった心当たりのない場所。
そして出不精の夫がイギリスに旅行に行こうと言い出したのも3ヶ月前。
男がそんなご機嫌うかがいをするなんて、とますます浮気を疑う妻。
結婚して5年、学生時代からの長い恋人から彼を奪った妻は当時つらい思いもした。
そんな思いをしたんだからもう大丈夫と思っていたが、テレビの女装タレントが言う、
「奪った男はいつか奪われんのよ この女、絶対痛い目合うわよ」
という言葉が妻を追い詰める。
そんな思いを抱えながらロンドンの街を歩く夫婦の前に、
ひったくりが女性の荷物を持って逃げていく。
それを夢中で追っかける夫、不安になり追いかける妻。
カバンを無事とりもどした夫に妻は、
困った人がいたらすぐ助けるやさしい夫が大好きだったことを思い出す。
この人が大好きだ、その思いがあれば十分だと確信する妻に、
「缶コーヒー飲みたいな」とつぶやく夫。
じつは夫は1日7本の缶コーヒーを飲んでいたのだった。
「レコーディングダイエットて食べ物だけじゃないの!?」という夫に妻は笑う。
大切なものはたまに目に見えないところに隠れてしまう、そう思う妻。

他にも、東京・京都・長野・茨城・新潟・広島、いろんな場所で、
元アイドル・カメラマン・山ガール・倦怠期の夫婦・ニューハーフなど、
いろんな登場人物が登場するオムニバス作品。
しかしそこに必ずあるものは「缶コーヒー」、
そう「缶コーヒー」がある、でもあるだけ。
なにげない日常の一片を美しく描く珠玉の作品集。
しんみりするものから笑えるものまで揃っているので、1冊の満足度は大変高いです。
この作品のもうひとつすごいところは「漫画サンデー」で連載されていたところ。
マンサンといえば「静かなるドン」や「蒼太の包丁」など連載されている、
いわばオッサン雑誌なんです。
大変いろんな意味で浮いていただろうな、
と思うとますますいろんな方に読んでもらいたくなります。
この味わいある作品はぜひ『珈琲時間』と一緒に読んでもらいたいです。

【紹介エントリー】『珈琲時間』コーヒーのように濃厚な物語

缶コーヒーをじっくり飲みながらじっくり味わいたい短編集。
缶コーヒーが苦手な方はお茶でも大丈夫ですよ!

旅する缶コーヒー (マンサンコミックス)旅する缶コーヒー (マンサンコミックス)
(2011/07/29)
マキ ヒロチ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://meganechanblog.blog104.fc2.com/tb.php/1205-bbc9d0ec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。