スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/7発売の新刊チェック
12/7発売のコミックをピックアップ。

誰がそれを -田中相短篇集- (KCx(ITAN))誰がそれを -田中相短篇集- (KCx(ITAN))
(2012/12/07)
田中 相

商品詳細を見る

「地上はポケットの中の庭」「千年万年りんごの子」の田中相さん短編集。
タイトルは奥田民生さんが作ったパフィーの曲からつけたそうです。
「加古里・スズシロ」がオシなのかもしれませんが、
個人的に「あしたの今日子」にやられました。

進撃の巨人(9)限定版 (プレミアムKC)進撃の巨人(9)限定版 (プレミアムKC)
(2012/12/07)
諫山 創

商品詳細を見る

限定版にはキーホルダーがついています。

惡の華(7) (講談社コミックス)惡の華(7) (講談社コミックス)
(2012/12/07)
押見 修造

商品詳細を見る

表紙の雰囲気がガラリとかわりました。
アニメ化も決定だそうです。

ぼくは麻理のなか(1) (アクションコミックス)ぼくは麻理のなか(1) (アクションコミックス)
(2012/12/07)
押見 修造

商品詳細を見る

大学生のぼくの生きがいはある女子高生の尾行。
しかしある朝ぼくはその女子高生になっていた。
押見さんアクションで連載の作品1巻目が登場。

志乃ちゃんは自分の名前が言えない志乃ちゃんは自分の名前が言えない
(2012/12/07)
押見修造

商品詳細を見る

母音を発音するのが苦手な大島志乃は自分の名前が言えない。
押見さんが描く青春ストーリー。
これはすごくよかったですよ。

講談社ITAN・別冊マガジンCなどのラインアップ。
もちろんイチオシは田中相さん。
押見さんは3冊同時発売ですが「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」がいちばん好きです。
ここ最近新刊がすごくいいです、あたりが多いです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://meganechanblog.blog104.fc2.com/tb.php/1311-b249b453
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。