FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「海街diary1 蝉時雨のやむ頃」家族の絆の物語
「Banana fish」「YASHA」など人気コミックスの著者吉田秋生さんが描く、
古都鎌倉を舞台にした四姉妹の物語をご紹介いたします。

鎌倉の古い家に住む三姉妹のもとに父親の訃報が届いた。
三姉妹の両親は幼い頃に父親の借金と女関係で離婚、
2年後母親も再婚するとあっさり家を出ていきそれ以来祖母の家で暮らしており、
その祖母も亡くなった今ではその古い家に三姉妹だけが住んでいる。
香田家の長女の幸は看護士でしっかり者、
次女の佳乃は町の信用金庫に勤める酒と男にだらしないタイプ、
三女の千佳は地元のスポーツショップで働く能天気な性格。
15年ぶりの父親の“死”に対してなんの感情も浮かばない姉妹は、
山形に住んでいたという父親の葬儀先で、“すず”という中学生の少女と出会う。
すずは父親が出て行く原因となった女性の間に出来た子供で、
今は父親の連れ子がいる再婚相手の女性と一緒に暮らしていた。
すずは中学生のわりにしっかり者でどこか幸のおもかげを持つ少女であり、
葬儀中も泣きっぱなしの義母の横で涙も見せず一人参列者に挨拶をしていた。
葬式が終わり、三姉妹はすずに鎌倉で一緒に過ごさないかと提案。
そうして新たに四姉妹になった香田家の生活、家族の絆を描いた作品です。

“家族”をテーマに、しかも「死」から物語が始まっているんですが、
重たい、暗い、ドロドロした印象はこの物語にはまったくありません。
ゆるやかにゆっくりと、でも確実に絆を深めていく四姉妹。
離れていても出会ったばっかりでもわかりあえばすぐに家族になれるんだと、
じんわりと温かい気持ちになれる作品です。
人との出会いで少しづつ大人になっていく登場人物たちは、
等身大でリアルなだけに感情移入しやすいです。
そして間に入る姉妹のなにげない会話ややりとりが、またいい味出しているんですよ。
さすがのベテラン!といった感じも否めません。
吉田秋生さんは「Banana fish」や「YASHA」のようなサスペンス系もいいんですが、
この作品のような情緒ある物語がやはりおもしろいですね。

ちなみに吉田秋生さんの同じ鎌倉を舞台にした物語「ラヴァーズ・キス」の、
あの人がこの作品に出てきたりして、ファンにはとくにたまらない作品、
一読の価値ありな物語ですよ。

海街diary 1 蝉時雨のやむ頃海街diary 1 蝉時雨のやむ頃
(2007/04/26)
吉田 秋生

商品詳細を見る
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://meganechanblog.blog104.fc2.com/tb.php/228-36f332a5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。