スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「月刊少年ライバル」創刊!
2007年12月に休刊した児童向け雑誌「月刊ボンボン」。
そのボンボンに変わり、2008年4月4日創刊予定の雑誌、
「月刊少年ライバル」の全貌をご紹介いたします!

“少年たちの心を熱くする本格漫画誌登場!”
と満を持して創刊される「月刊少年ライバル」。

~ターゲット~
メインターゲット層はズバリ『中学生男子』。
・ゲーム機保有率・・・98%
・携帯電話保有率・・・49.3%
・マンガをよく読む、たまに読む・・・83.8%
・憧れの職業第1位「プロ野球選手」・・・10.7%
そんな中学生男子が夢中になれるマンガ雑誌だそうです。

~ジャンル構成~
・バトルアクション・ギャグ・推理ミステリー・ラブコメ、
・ファンタジー・スポーツ、格闘技。

なんか全部詰め込んだ感じがしますよね、分散されてしまいそう。

~特色~
・最重要点テーマは「勝負!」
 少年が誰しも持つ「強さの憧れ」「勝負」「バトル」「ライバル関係」の、
 おもしろさを伝えていきます。
・ワクワクする「かっこよさ」理屈ぬきで笑える「くだらなさ」、
 意外性や初めてが詰まった「サプライズ」の3」要素を追求します。
・ゲームとのコラボレーションなど従来の枠を超えて幅広く、
 少年の心が熱くなるようなマンガ作りを心掛けます。
・創刊号から3号連続超豪華特別ふろく付き。
・週刊少年マガジンをはじめ各コミック誌より多数の人気作家の読みきり掲載。

「週刊少年ジャンプ」を目指したいのか? 
でも「ジャンプS.Q」のようにもなりたいような、どっちつかずな印象。

~作家陣~
・真島ヒロ(FAIRY TAIL)
「モンスターハンター・オラージュ」 人気ゲームとのコラボ作品。
・綾峰欄人(Get backers―奪還屋)
「ホーリートーク」 学園ファンタジー。
・岸本聖史(666サタン)
「ミスティッカーズ」(仮) 近未来ステッカーバトル。
・石川雅之 「もやしもん 特別編」(オールカラー)

主な作家はこの4名。
ただ「もやしもん」は特別編のため連載作品ではないかもしれません。
後は新人のマンガ家さんを多く起用するようです。

去年「月刊ジャンプ」の休刊を受け、新たに創刊された「ジャンプSQ」。
新創刊にしては異例の60万部の大成功の雑誌になりました。
今回、講談社が創刊する「少年ライバル」は30万部の刷り予定だそう。
SQの成功の中には“「少年ジャンプ」とのコラボレーション”、
“ジャンプの人気マンガ家の連載や読みきりの起用”、
“ターゲットを男性だけでなく女性にもスポットをあてる”などが挙げられます。
ライバルも少年マガジンの作家の起用をはじめ、
SQの影響をモロに受けている印象。
SQの創刊時にその看板を背負ったのはベテランマンガ家の和月伸宏さん。
一方ライバルが背負うのは真島ヒロさん、しかもゲームとのコラボマンガ。
やはりインパクトにかけていますよネ。
またターゲットも「中学生男子」にのみ。
休刊した「月刊ボンボン」の後釜を狙いたいのか、
新たに層を広げたいのかどっちつかづな印象があります。
フタを開けてみないと本当にわかりませんが、
どの位置づけの雑誌か定まればおもしろい事になりそうな気がします。
2008年新創刊の雑誌、要注目です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://meganechanblog.blog104.fc2.com/tb.php/265-8a68c22d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。