スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「イタズラなkiss」未完の恋愛マンガがアニメで完結!
1990~99年まで集英社の別冊マーガレットで連載されていた、
未完の恋愛マンガ「イタズラなkiss」がこの春アニメ化され、
しかもアニメで物語を完結させるというニュースです!

まずこの「イタズラなkiss」を知らない方に少しストーリーを説明します。
“偏差値でクラスを分ける斗南高校に通う主人公の相原琴子は、
学年最下位のF組に3年間在籍のおっちょこちょいな女の子。
高校の入学式でIQ200の超天才で、スポーツ万能のクールなイケメン、
入江直樹に一目ぼれをしてしまう。
勇気を出してラブレターを直樹に渡した琴子だったが、
「頭が悪い女は嫌い」という理由であっさり振られてしまう。
直樹への気持ちを断ち切ろうと努力する琴子だったが、
ひょんな事から入江家に同居することに。
しかし直樹と一つ屋根の下で暮らす事になり、
クールで意地悪な直樹のいろんな一面を知ってより想いを募らせる。
一方の直樹も最初は嫌がっているが琴子に少しずつ惹かれていく。”
という、王道の恋愛少女マンガです。

著者の多田かおるさんは1977年にデビューし、
他の代表作には「愛してナイト」などがあります。
アニメ化もされて記憶にある方も多いのではないでしょうか?
この「イタズラなkiss」(以下「イタキス」)はコミックス累計2700万部を発行した、
女の子の代表的定番の少女マンガであり、
1996年には佐藤藍子さん主演でドラマ化もされ人気は不動のものになりました。
物語は紆余曲折あり琴子の妊娠が発覚したところで突然最終回を迎えました。
多田かおるさんが引越しの際に大理石で頭をぶつけるという不慮の事故により、
38才の若さで死去されことが原因で未完のままに終了しました。
ホームページなどで“もうすぐ終わります”などのコメントを残された矢先だったため、
当時ファンの間に大きな波紋を呼びました。
そんな未完の少女マンガがなぜ完結にいたったかというと、
多田かおるさんの夫西川茂さんが、
ファンの方や出版社の人からもつづきをといわれアニメならと、
多田さんが残したメモを提供したことにあったそうです。
そのメモを何人ものシナリオライターで脚本にし、
今回見事アニメで完結するそうです。

個人的いちファンの意見なんですが、今回の完結は複雑ですね。
私自身この作品の大ファンで、リアルタイムに別冊マーガレットを愛読、
コミックスも初版のマーガレットCで所有、
何度も読み直す不動の少女マンガ作品のひとつです。
多田さんが亡くなられた当時は本当に衝撃で、
何年も歯がゆい思いをし、あれが完結だったと自身では納得済みでした。
しかし多田さんのメモが残っていた、それを復元。と聞いてしまうと、
一応確認はしなければ、と思いますよね。
しかしそうそうの事では納得できない思うので、
ある意味期待をしています。
でもこのアニメを期にまた「イタキス」ブームが来て、
まだ未読のたくさんの人達に少女マンガの定番であり名作、
「イタズラなkiss」を読んでもらって楽しんでもらえたら、
ファンとしても書店員としても嬉しいニュースですね。

ちなみに関連ニュースはコチラ。
人気少女マンガ「イタズラなkiss」アニメ化-未完ストーリー完結へ

イタズラなKiss (1)イタズラなKiss (1)
(1991/01)
多田 かおる

商品詳細を見る
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://meganechanblog.blog104.fc2.com/tb.php/305-7573b221
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。