スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「アオイホノオ」80年代のまんが道
「逆境ナイン」「炎の転校生」などの著者島本和彦さんが、
小学館のヤングサンデーで連載中の実録風フィクションマンガをご紹介します。

時は1980年初頭、世は漫才、アイドル、SF、そしてマンガやアニメ界にも、
新たなムーブメントが起きようとしていた熱い時代・・・。
大阪大作家芸術大学映像学科の一回生、焔 燃(ホノオ モユル)は、
テレビ、アニメ、映画の講義を受けながら近未来、
ひとかど漫画家になろうともくろんでいた。
マンガはアニメより絵のうまさがとわれないうえマンガ雑誌上、
絵のド下手な新人が堂々と人気連載をとっていた、そんな時代。
しかもオリジナル色ではなくパロディ感覚のものが多数・・・。
と考えるモユルは今ならいつでもプロになれるという自信があった。
マンガ業界全体が甘い!甘くなっている!と熱い闘志と想いを馳せるモユル、
しかしとくに行動には移さない男であった・・・が、
マンガ雑誌であだち充、高橋留美子、細野不二彦など、
続々と才能のあるマンガ家が新しい感覚設定で先じていき、
学校の作品映像でもクラスメイトの庵野秀明(のちエヴァンゲリオン監督)が、
才能を開花させていく姿を間に当たりにし、
彼らとの実力の差に落ち込みつつも前を見据えているモユル、
であるがやっぱりとくにこれといって行動には移さない男であった。

主人公のモユルは暑苦しい男です。
志が高く根拠のない自信家で暑苦しいのになんか共感してしまうんです。
一応フィクションとなっていますが、モユルはおそらく大学時代の著者島本和彦さん。
本当の部分がストーリーの中に見え隠れすることでリアリティが増すんですよね。
行動になかなか移さないのに上からものをいう素人の身勝手さが、
おもしろおかしいんですが、モユルが多分島本和彦さんであるという事は、
のちになにかしらの行動に移し、成功する事がわかるのが安心できるポイント。

この時代のこの人達によって今のマンガアニメなどのオタク文化が、
確立されたんだとわかる80年代の「まんが道」的コミック。
現在の原型を今の若い人達に知ってもらうにはもってこいのマンガです。
ちなみに実名がバンバン出てきますので、同世代の人は素直に楽しめますよ。
巻末の庵野秀明さんとの対談も興味深いですし、
帯のあだち充さんや高橋留美子さんの一言にも注目です!

アオイホノオ 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)アオイホノオ (1) (ヤングサンデーコミックス)
(2008/02/05)
島本 和彦

商品詳細を見る
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://meganechanblog.blog104.fc2.com/tb.php/308-91909598
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。