スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「宇宙兄弟」本格兄弟宇宙漫画発進!
講談社のモーニングで連載中の本格宇宙漫画をご紹介いたします。

1993年10月28日「ドーハの悲劇」で日本中が深いため息を吐き、
国内の二酸化炭素の濃度が2%ほど急上昇していた頃、
その時どっかのおっさんが茶の間でこぼした酒臭いため息と同時に、
主人公の南波六太は生まれた。
3年後の1996年9月17日野茂がメジャーでノーヒットノーランを達成した栄光の日、
その年デビューしたパフィーの曲でどっかの娘がノリにノっていた時、
娘の父親がポソリといった「白の・・・パンダ!?」と同時に、
六太の弟の日々人が生まれた。
そして2006年7月9日ドイツワールドカップの決勝でジダンの頭突きに、
世界中が度肝を抜かれていた頃、
2人の兄弟は星空を眺めながら“ある約束”をかわした。
それから19年後の2025年、弟の日々人は約束通り宇宙飛行士になり、
月面の第一次期滞在クルーの一員になっていた。
一方六太は、弟の事を悪く言った上司に頭突きをかまし、
自動車開発会社をクビになり実家に強制送還されていた。
そんな中実家で再就職先を探す六太の元に、
日々人からメールが届き子供の頃の夢を思い出す。
その頃、日々人のはからいで母親が勝手に応募した、
新規宇宙飛行士選抜試験の願書が六太の元に届いた。
悩む六太だが本当の自分の大事な気持ちを思い出し、
宇宙飛行士を目指すことになる。

六太は小さい時“兄は常に弟の先をいかなければならない”、
というポリシーを持っていました。
しかしいつのまにか自分より前にいってしまった弟。
いつしか幼い頃の約束を忘れ夢を見失っていた六太は、
無職になり弟からのメールや母親のはからいや恩師の言葉を聞き、
再び夢に向かうところから物語はスタートします。
そして順調に選抜試験を勝ち進んでいく六太なんですが、
まわりからは“南波日々人のお兄ちゃん”で、
そのおかげで試験に有利だと思われていたりします。
普通ならここでひねくれたりしそうなもんですが、
この六太、そういうところがまったくない!
それどころか試験中もちょこちょこ天然ぶりを発揮します。
六太の前向きな天然っぷりは見ていて楽しいんです。
1巻目は六太と日々人の今の関係や、
一緒に選抜試験に挑むライバルたちのキャラも見えてきたところ。
これから物語はグーンとおもしろくなりそうな手ごたえある作品です。

ちなみに設定は以前ここでも紹介した「度胸星」に、
かぶるんですが雰囲気はこちらの方が明るいですね。
しかしワクワク感は「度胸星」に負けず劣らずですよ。
それだけに「度胸星」のような終わりにならにことを祈ります・・・。
「度胸星」幻の名作が復刊!

宇宙兄弟 1 (1) (モーニングKC)宇宙兄弟 (1) (モーニングKC)
(2008/03/21)
小山 宙哉

商品詳細を見る
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://meganechanblog.blog104.fc2.com/tb.php/327-64375d42
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。