スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4/11発売の新刊チェック
4/11発売の新刊のコミックををピックアップ。
今日は主に講談社のKISS、なかよし、デザートCなど。

100年たったらみんな死ぬ (上)  (ワイドKC キス)100年たったらみんな死ぬ 上 (ワイドKC キス)
(2008/04/11)
松田 奈緒子

商品詳細を見る

100年たったらみんな死ぬ (下) (ワイドKC)
休刊してしまった“大人のおしゃれなオタクの女性”、
をメインした雑誌「Bath」で連載していた、
とある団地に住む、父・賢司(老人ホスト)、長女・百合(不倫)、
長男・雷(ひきこもり)、次女・蕗(腐女子)の、
宮澤一家の物語が上、下巻で登場。
このインパクト大のタイトルのみならず内容も、
コミカルかつシュールそしてハートウォーミング。
登場人物は宮澤家以外のまわりもヘンな人たちでいっぱい。
個人的に「Bath」の中でもいい作品のひとつだったんですが、
休刊とともに最終回を迎えてしまい本当に残念な作品。
オススメのコミックスですよ。

おかめ日和 3 (3) (KCデラックス)おかめ日和 (3) (KCデラックス)
(2008/04/11)
入江 喜和

商品詳細を見る

偏屈でうるさ型(でも男前)のダンナ様との暮らしは、
はたから見れば大変そうだけど、
やすこさんはそんなダンナ様に夢中。
そんなのんびりおかめの暮らしをどうぞ!

ホタルノヒカリ (11) (講談社コミックスキス)
年下イケメンのマコトに振られた蛍の前に、
“なんだか気がついたら、いつもとなりにいたんです”
的な殿(要)の存在が!
友達カップルもあり!?に挑戦の蛍、その結果は・・・?
マコトと付き合っていたころより今の蛍の方が断然共感できる!
干物女の最新刊が登場。

ゴーストハント (10) (講談社コミックスなかよし)
おまたせいたしました!「十二国記」の小野不由美さんの、
もうひとつの大人気シリーズのコミカライズ最新作。
ついに最終章に突入の最新刊です!

こころ (4) (デザートコミックス)
万引きをやめ更正しためぐみを快く思わないゆまっち。
「過去をばらす」という脅迫に口止め料を払うめぐみだが・・・。
“万引き編”とうとう完結の最新刊も出ます!

今日は主に講談社の女性ものコミックが中心。
その中でも「100年たったらみんな死ぬ」がオススメ。
この著者の松田奈緒子さんはこの他のコミックスもオススメですが、
何故か売れない・・・うもれてしまうんですよね、残念です。
そして「ホタルノヒカリ」。
テレビドラマも終わり売れ行きは下降気味ですが、
内容は“干物女”らしさ満開で共感できますよ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://meganechanblog.blog104.fc2.com/tb.php/339-b7625950
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。