スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『たまちゃんハウス』落語の世界へようこそ
集英社『コーラス』で連載中の本格落語マンガをご紹介したいと思います。

主人公の女子大生の珠子は、父親が噺家、母親は三味線の囃し方、
内弟子が2人いる上方落語の家に生まれた女の子。
父、桜花亭春福の弟子は3人。
一番弟子早春は落研出身でそつなく落語や司会をこなし、
師匠を尊敬しているがそのそつなさがアダで師匠に嫌われている。
内弟子の春々は上がり症で地味でおとなしい性格のため、
実力は発揮できず高座での人気イマイチ。
一番下の弟弟下の白春は明るい性格でテレビで活躍中だが、
落語の腕はまだまだ。
そんな上方落語の世界を描いた作品です。

主人公の珠子のみ落語の世界に入っておらず、
落語の世界から一歩ひいた彼女の視点から描かれているため、
落語の世界を知らなくてもスンナリ入れます。
登場人物1人1人にスポットをあてそれぞれの心理描写を、
巧みに描くあたりさすがのベテランマンガ家さんという感じ。
基本が1話完結のため読みやすいつくりになっているのも特徴のひとつ。
私の中ではこの一門、どうも桂文枝一門と重ねてしまうんですが、
NHKのドラマだった『ちりとてちん』を思い出してもらえれば、
世界観がわかりやすいかもしれませんね。
ちなみにドラマよりこちらのコミックスの方が先なんですよ。

落語が好きな方や興味のある方にはとくにオススメのコミックス、
読めば魅力的な登場人物や落語の世界にハマることうけあいです。

たまちゃんハウス 1 (1) (クイーンズコミックス)たまちゃんハウス (1) (クイーンズコミックス)
(2006/11/17)
逢坂 みえこ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://meganechanblog.blog104.fc2.com/tb.php/391-522135e7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。