スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「サムライうさぎ」は天下一の侍マンガ
先日の新刊ピックアップでも少し取り上げましたが
ジャンプ連載当初から書店員の中で話題沸騰の
このコミックスを改めてご紹介したいと思います。

15才の下級武士の主人公宇田川伍介は
対面を汚される事を最も嫌う武家社会で
上司の機嫌をとりながら日々暮らしていた。
そんなある日、武士の先輩の妹を嫁にもらうことになる。
出世をし妻に楽をさせてやろうと剣術道場に入門した伍介だが
侍の縦社会の理不尽な現実にぶちあたり絶望。
だが妻の志乃の自由奔放な姿や心や言葉に動かされ
伍介は侍の世界に見切りをつけ志乃のために
天下一の剣術道場を自分で開く決意をする・・・。

そんなところから話は始まっていきます。
ジャンプの中で今までにない作風であり設定。
画や地味な設定や話はジャンプ特有の女子的萌えや
ヤオイの対象にもなりにくいと思います。

江戸時代の武士の縦社会の厳しさを間のあたりにして
15才で妻を守るため何かを始める主人公や
一見自由奔放な主人公の妻は何かを悟っていたり
そしてそんなふたりを支える主人公の道場の門弟たち。
ピュアな中にきちんと1本筋の通ったこの物語は
読み手の心をガッチシ掴む力が十二分にあります。

ジャンプCの中でも異色なこの作品、
これからに大きな大きな期待をしています。
ただ、今のところ爆発的に売れ行きはありません。
認知度はまだまだ低いようです。

サムライうさぎ (1) (ジャンプコミックス)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://meganechanblog.blog104.fc2.com/tb.php/53-b1866860
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。