スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ビアティチュード』やまだないと版“トキワ荘の春”
1955年東京。
かけだしの漫画家・花森ショータローは、
友達のクボヅカフジヲの力を借りて順調な漫画家生活を送っていた。
そんな中同じく漫画家の先輩・テラさんのはからいで、
テヅカ先生も暮らしたという伝説のアパート“トキオ荘”に引っ越すことになる。
トキオ荘はマンガに青春をかけ日夜創作に励む若者達が集うアパート。
親分肌のテラさんこと寺山ヒロオを筆頭に、
藤野富士雄、ツノ☆ジロー、永野耳丸、女性漫画家・水島ユミ子、
のちアニメーション作家になる小池伸二などが集まる“漫画梁山泊”。
上京・東京・狭い空・狭い下宿で青年はでかい夢を見る。
そんな若き漫画家たちの青春群像物語。

“このマンガはフィクションです。
 実在に偉大な先輩方をモデルにしていますが、
 事実とは大幅に異なります。
 細かいことは気にしないでください。”
と巻末に著者が書かれていますが、
やはり実在の彼らの存在を無視して読むことは不可能です。
しかしこの物語に登場する若者達も実在のトキワ荘の人々と同じくらい、
情熱と愛情を漫画に注いでいます。
例えばこんなエピソードが印象的、
「あんな繊細な漫画を描くのにまるでブルドーザーのようだ」
といったテラさんに、
「オレの漫画が女っぽいとしたらそれは女に向けて描いているから、
オレがブルドーザーのようだとしたら多くのオレの漫画を読んでもらいたいから」と答え、
トキオ荘に初めて来た夜は、
「この部屋でボクはこれから漫画漫画漫画を描くのです。
もはやここには親も学校も朝も夜もなくただただボクは漫画を描けばいい、
ボクはただボクであればいい、幸せすぎだ!
それは憧れの場所でなく此処なんだ!」
と姉に手紙を綴るそんなショータロー。
その言葉には彼らのすべてが詰まっている、そんな気がします。

なぜあえてこの作品を描こうとと思ったのか?作者の意図は不明ですが、
実在の人物を彷彿させるのも作品のひとつの手段なのかもしれません。
この人たちがいたから今の漫画があるんだと、
『まんが道』読んでしみじみ思ったことを思い出しました。
実在の彼らを知っていても知らなくても、
漫画好きに今読んでもらいたい作品です。

参考文献
章説 トキワ荘の春 (石ノ森章太郎生誕70年叢書シリーズ)

ビアティチュードBEATITUDE 1 (1) (モーニングKC)ビアティチュードBEATITUDE (1) (モーニングKC)
(2008/10)
やまだ ないと

商品詳細を見る
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://meganechanblog.blog104.fc2.com/tb.php/585-96b911b2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。