スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『失恋ショコラティエ』いい男とチョコレート有りマス。
製菓学校に通う爽太(ソータ)はひとつ年上のサエコさんと、
去年のクリスマスから交際している。
出会いは4年前、高校入学の時ソータはサエコさんに一目ぼれした。
当時イケメンと次々付き合うサエコさん、
彼女のことを悪くいう子たちもたくさんいたけど気にせず、
ずっとサエコさんを追っかけてきたソータが、
ついにチャンスを掴んだそんな去年のクリスマス、そして初キス。
それ以降ビミョーに硬直状態だけど、
最近彼女からほんのりタバコの匂いがするけれど、そんなのカンケーない。
大のチョコレート好きの彼女のためにバレンタインに、
(といっても当日は断られたので前日に)チョコレートを作ったソータ。
サエコさんの好きなカカオチョコレート・キャラメルガナッシュカフェオレ・
オレンジピール・ラム漬けレーズン・ピスタチオ・チェリーのキルシュ漬け・・・。
渾身のチョコレートだったのに彼女の答えは、
「ごめん受け取れない。だってこれめちゃめちゃ本気チョコだもん。」
なんとサエコさんは二股をかけていた上にその自覚なし。
あっさり大失恋をしてしまったソータは、
なけなしの金と荷物を持って単身フランスへ。
サエコさんの大好きな有名パティスリーで雇ってもらえるよう頼み込む。
そして5年後、有名パティスリーのショコラティエとして日本に返り咲いたソータは、
再びサエコさんと再会するがその恋の行方ははたして・・・?!?

サエコが好きという気持ちだけで次々と行動を起こすソータ。
その行動はすべて吉と出るのにサエコさんの事だけはいつも凶。
失恋こそが彼を成功の道へ導くという矛盾がいいですよね。
甘いチョコレートを作る彼の心はドロドロ・・・このギャップがおもしろいんです。
またこのサエコさんが天然を生かしたイヤな女なところがミソ。
その事でソータに感情移入しやすくなりますし、
ソータ自身もかけひき上手のいい男に成長していきます。
そして脇をかためる登場人物もいい味だしていて、
安心して読める上質のラブコメの仕上がっています。
いい男と甘くて美味しいチョコレート、
そしてドロドロとした感情が入り混じったスイーツラブコメ。
恋愛もスイーツもこれ1冊で満足できる作品ですよ。

しかし水城せとなさんの描くチョコレート、本当に美味しそう・・・。

失恋ショコラティエ (1) (フラワーコミックスアルファ)失恋ショコラティエ (1) (フラワーコミックスアルファ)
(2009/01/09)
水城 せとな

商品詳細を見る
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://meganechanblog.blog104.fc2.com/tb.php/624-ae38809d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。