スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第54回(平成20年度)小学館漫画大賞
平成21年1月20日に決定した小学館漫画大賞受賞作品を、
ご紹介したいと思います。

~児童向け部門~
『ないしょのつぼみ』 (ちゃお掲載)
少し不思議な要素と恋愛を取り入れながら、
子供たちにもわかる性教育をテーマ描かれた作品。
女の子向けにわかりやすく入りやすい切り口で描かれているため、
大人もキチンと読める作品が受賞しました。

ないしょのつぼみ (1) (ちゃおフラワーコミックス)ないしょのつぼみ (1) (ちゃおフラワーコミックス)
(2005/04)
やぶうち 優

商品詳細を見る

~少年向け部門~
『クロスゲーム』 (週刊少年サンデー掲載)
あだち充さんが描くサンデーを代表する野球コミックが受賞。
もうすぐ第三部も再開予定で春にはアニメ化も決定。
そんな中の受賞なのでここでもうひと盛り上がりあるといいんですが・・・。

クロスゲーム (1) (少年サンデーコミックス)クロスゲーム (1) (少年サンデーコミックス)
(2005/09/02)
あだち 充

商品詳細を見る


~少女向け部門~
『BLACK BIRD』 (ベツコミ掲載)
幼い頃から妖が見える実沙緒をいつも守ってくれた初恋の人・匡。
子供の時に交わした約束どおり16歳の誕生日の前日に実沙緒は匡と再会する。
けれどそこで告げられたのは
「16歳を境に実沙緒の血肉が妖に不老不死を与え、
花嫁に迎えればその一族に繁栄をもたらす」
そして匡もまた、実沙緒を狙う妖、「天狗」だった。
コミックス累計72万部突破の『ベツコミ』の代表的、
妖との恋愛を巡る伝奇ラブロマンが見事受賞。
これを期に新規の読者を獲得できるといいんですが。

BLACK BIRD 1 (1) (フラワーコミックス)BLACK BIRD (1) (フラワーコミックス)
(2007/01/26)
桜小路 かのこ

商品詳細を見る


~一般向け部門~
『岳』 (ヤングサンデー掲載)
山に魅せられた男、島崎三歩。
若くして世界の巨峰を登頂した三歩が選んだ道は、
日本での山岳救助ボランティア隊員だった。
山岳救助隊の日々を描く異色の作品が受賞。
2008年のマンガ大賞も受賞した納得の作品です。

岳 (1) (ビッグコミックス)岳 (1) (ビッグコミックス)
(2005/04/26)
石塚 真一

商品詳細を見る


今回受賞された5作品のうち小学館以外の作品はありませんでした。
そしてラインアップも可もなく不可もなく・・・といった感じ。
毎回思うんですがこの賞はおもしろみがまったくありません。
まさかこの作品?なんていうのがなく今更感も否めません。
もう少し他の出版社の作品がみたかったな、というのが感想です。
要は小学館に貢献したというのが主なんでしょうね。
とくに店頭で盛り上げようとも盛り上げたいとも思えず、
どうしてほしいの?という正直厳しい思いです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://meganechanblog.blog104.fc2.com/tb.php/634-58b683f3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。