スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2/16-21発売の注目の新刊ピックアップ
先週発売されたのは講談社マガジンC、白泉社の花とゆめC、
集英社ヤングジャンプCなど。

XXXHOLiC 14 (14) (KCデラックス)XXXHOLiC (14) (KCデラックス)
(2009/02/17)
CLAMP

商品詳細を見る

願いを叶えるために対価したもの、それは自分自身の記憶。
CLAMP大人気コミックが先週トップ1の売れ行き。
同時発売のDVD付き限定版も売れ行き絶好調です。
DVD付初回限定版 「XXXHOLiC」 (14) (プレミアムKC)

魔法先生ネギま! 25 (25) (少年マガジンコミックス)魔法先生ネギま! (25) (少年マガジンコミックス)
(2009/02/17)
赤松 健

商品詳細を見る

トップ2はコチラのコミックス。
同時発売のDVD付き初回限定版も売れ行きが好調。
DVD付き初回限定版魔法先生ネギま! (25) (少年マガジンコミックス)

さよなら絶望先生 第16集 (16) (少年マガジンコミックス)さよなら絶望先生 (16) (少年マガジンコミックス)
(2009/02/17)
久米田 康治

商品詳細を見る

マガジンで人気のシュールギャグがトップ3にランクイン。
同時発売のDVD付初回限定版が思ったより動いていません・・・。
予約は上記2作品より圧倒的に多かったにもかかわらず、
発売後の動きは微妙、わからないですね本当に。
DVD付き初回限定版 さよなら絶望先生 (16) (少年マガジンコミックス)

スキップ・ビート! (21) (花とゆめCOMICS)
新しい役「ナツ」の気持ちがつかめず悩むキョーコ。
蓮のアドバイスで役をつかみかけていくが・・・。
アニメ共々好調でトップ4の売れ行き。

GANTZ (25) (ヤングジャンプコミックス)
爆ぜたのは希望か、絶望か・・・。
長かった大阪編ついに完結の最新刊がトップ5にランクイン。
初版限定で「レイカ・デスクトップステッカー」入っていますよ。

そして先週注目の記事はコチラ。

【[空間コミックビーム]閉鎖のお知らせ】
閉鎖はまあいいんですが、
この「空間コミックビーム」を閉鎖するにあたってのO村編集長の見解に注目なんです。
気になるところを少しご紹介しますね。

【空間コミックビームについて】  
(コミックビーム2009年3月号「ハッスルO村のエレクトNo.1」より転載)
あー。5年に渡ってやっとりました[空間コミックビーム]が3月一杯で閉鎖することになりました。
前ページにも、そのことは告知されてますんで、内容的には重複しちゃうことになるんだけど、
前ページの文章は会社的な公式見解。
ここに書かれてあるのは俺の見解ということになる。んで、閉鎖する理由なんですが、

・銭が無い
昔からビームは明日なき雑誌であったが、
ここ一年は本当に「俺たちに明日はない」かもしれないと、思えるようになってきた。
でも、実際はウチだけじゃなくて他の雑誌も全部ヤバイってことなんだけどね。
今、漫画雑誌の編集長が集まると確実にお互いのヤバイ自慢が始まる。
正直、あんま健康的な状態じゃねえな。そんなワケで銭が無い。
ちょっとの金も節約しないとマズイ状態なのです。

・人手が無い
皆さんご存知のように『Fellows!』を、4月から編集部から分離独立することになった。
その際、人員の補充はナシ。ぶっちゃけ、人員が半減した。とてもじゃないが、
本を作る以外にさける人員がいない。

以上の二重苦が、閉鎖の理由だ。すんません。
長いこと御愛顧いただいたのに、俺の力不足でだらしねえ事態に陥ってしまいました。
2ちゃんでボロクソ書いて頂いて結構です。誤解の無いように申し上げますが、
今回、閉鎖されますのはコミュニティサイトの部分です。
その他の情報部分に関しては、以下のサイトに引っ越して運営されます。

気になったところだけを載せたのでは詳しくはサイト見てくださいね。
しかし本当にマンガ雑誌って売れなくなりましたよね。
私は仕事柄たくさんのコミック雑誌を読みますが、
大半の方は単行本派に代わってきていると思います。
そのあおりを受けるのはやはり“サブカル系”にあたる雑誌、
このコミックビームもそのうちの1冊だと思います。
この系は単行本が王道を走ることもめったにありませんしね。
なんだか身につまされる話というかなんというか。
だからといってこのご時世でも実際ちゃんと売れ続けている雑誌もありますし、
売れないからといってウェブ雑誌というのもどうかと思うわけです。
個人的にはビームや他にIKKIなんかとても挑戦的でおもしろい雑誌だと思いますし、
作品や単行本もおもしろいものが多いので好きです。
もう少し売れてもいいのになと思いますが、
みんな雑誌を読まないからいい作品を知らないんですよ。
あと雑誌を読まないから作品の食わず嫌いが多いんじゃないかと思います。
まあそこを読者に伝えるのが私たち書店員の仕事なんですけれどね。
実際私は作り手になったことはないのでわからない事がほぼだし、
すごく大変なんだろうとは思いますが、
もう少し踏ん張って頑張ってほしいいなぁ、と思わされた記事でした。

【関連エントリー】漫画業界は今かなりやばいよ\(^o^)/
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://meganechanblog.blog104.fc2.com/tb.php/658-c6f3f41f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。