スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『女のはしょり道』キレイになるにははしょってなんぼ!
女性のためのビューティー雑誌『VOCE』で連載中の、
伊藤理佐さんのビューティーエッセイコミックを紹介させてください!

『VOCE』のビューティーエッセイといえば安野モヨコさんの、
『美人画報』が有名ですよね。
ストイックにまで美を追求する安野さん、
女とはこういう生き物なんだと憧れつつも、
なんだか他人事のように読んでいた記憶があります。
それにくらべて伊藤さんのエッセイは本当に同じ『VOCE』か?
というくらいのぐーたらっぷり!
例えば、毎度マスカラを楽しめない伊藤さんはまつげのエクステへ。
しかもお店はホットペッパーで探すという庶民っぷり。
早速試すとメーテルみたい?長い、たしかに長いけどちっとも似合ってない!
とズバリ自分を分析。
しかもエクステ中はふつうのマスカラ禁止だし、
エクステ専用のマスカラとクレンジング購入で、
ホットペッパーの割引を使って2万円ちょっと。
しかもすぐとれるし洗顔に気を使うストレスに勝てず、
1週間と1日で元まつ毛に・・・。
これ1話目のエピソードですよ!
他にも、買いにいくのがメンドーなので、
自然派手作り化粧水を作るも敏感肌で速攻肌荒れ。
究極は、入院してた人から顔と髪を洗わず過ごして、
ツルツルになったとの情報で“何もしないで48時間過ごす”にチャレンジ。
え?これビューティ誌の連載ですよね?
ご自身も“はしょりの極道”の言い切るこのチャレンジの結果は、
良いけど・・・擬音でいうと「ぬっつり」。
何もしない難しさを体験されておられます・・・。
他にもいろいろなエピソードがてんこ盛りですが、
これって共感せずにはいられない、他人事ではなく身近な感覚なんです。
女ってキレイになりたい欲はあるのに、
“なるだけズルして努力をはしょりたい”生き物なんですよね。
すみません、これが女の本音です・・・世の殿方たちよ。
ただはしょりすぎると失敗もあるという教訓も見え隠れ?

いかに手をかけずキレイに見せるか、
ズルすることに一生懸命の伊藤理佐さんの庶民派ぐーたらエッセイ。
女なら100%共感間違いナシでしょう!きっと・・・たぶん。

女のはしょり道女のはしょり道
(2008/12)
伊藤 理佐

商品詳細を見る
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://meganechanblog.blog104.fc2.com/tb.php/669-9f967feb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。