スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『伊藤潤二の猫日記よん&むー』ホラー漫画家J家の猫事情
ホラー漫画家Jは婚約者A子と入籍後新居を購入。
もともと犬派だったJだがA子のたっての希望で、
A子の実家のJ曰く呪い顔をの猫“よん”が新居に来ることになった。
Jは「認めんぞー」といいながらキャットタワーを作り、
「認めんぞー」といいながら新居の壁一面にひっかき防止シートをはり、
あとはよんを待つだけっだたのだが、
A子はよんが一匹ではさみしいだろうと猫をもう一匹飼いたいと言い出す。
そしてノルウェージャンフォレストキャットという外国種の猫、
“むー”もやってきてJとA子とよんとむーの共同生活が始まる。
しかし犬派だというJもなんだかんだ言いながら猫を可愛がろうとするが、
猫たちはJになかなかなつかない・・・。
これはホラー漫画家・伊藤潤二さんの猫エッセイコミックなのです。

最近本当に猫のエッセイ漫画がたくさん増えました。
大抵は猫を可愛く愛らしく描くんですよね・・・当たり前です。
しかし伊藤潤二さんの手にかかれば猫はホラーになり、嫁はつねに白目、
猫を可愛いがるご本人は狂っているかのように怖い。
そんな怖い中でも猫の表情や動きがすごくいいんです。
猫じゃらしで暴れる猫たち、興味のない顔、寝顔などよく観察されていて、
伊藤さんの愛情がとても伝わってきます。
最初に読んだ時はビックリするくらい怖かったんですが、
回を重ねるごとによんとむーが可愛く見えてくるんです。
また“おたずね申すJ先生”というQ&Aコーナーがあり、
伊藤さんが町内会の経理を担当しているだとか、
趣味で漫画を描いていたころはギャグも描いていただとか、
ちょっとしたどうでもいい情報が読めるのも楽しいです。

これは新感覚猫エッセイコミックの決定版。
猫好きの方も犬派の方も読んでほしいんですが、
伊藤潤二さんの作品が好きな方に本当にオススメですよ。

伊藤潤二の猫日記よん&むー (ワイドKC)伊藤潤二の猫日記よん&むー (ワイドKC)
(2009/03/13)
伊藤 潤二

商品詳細を見る
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://meganechanblog.blog104.fc2.com/tb.php/687-d338c8ba
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。