スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4/23発売の新刊チェック
4/23発売のコミックスをピックアップ。

よんでますよ、アザゼルさん。 (3) (イブニングKC)
人と悪魔が織り成す悪魔ギャグ、3巻目登場。
個人的にも去年一番楽しませてもらった作品なだけに、
大変楽しみな最新刊、盛り上げますよ!

【紹介エントリー】『よんでますよ、アザゼルさん。』悪魔おひついかがですか?

GIANT KILLING (10) (モーニングKC)
五輪代表入りで赤崎離脱、越と王子は欠場。
そんな時、逹海はなぜかカレーパーティーの開催を決意!そして川崎戦。
ゲームキャプテンは椿大介!?
今回は初版限定「達海フラッグ」ステッカー付きの最新刊出ます。

【紹介エントリー】「GIANT KILLING」大番狂わせの監督登場

チーズスイートホーム 限定版 (6) (プレミアムKC)
TVアニメ第2期も好評のちー。
今回はおまけを2つ付き。
おまけ1は、TVアニメ第2期のオープニング曲「チーさな大冒険」を収録CD。
おまけ2は、チーの顔型をした手のひらサイズのおさいふ。
何より、とってもかわいいですよ。
限定版のためファンの方はお早めのご購入を。
もちろん通常版も同時発売です。

DoLL (1) (アフタヌーンKC)
オッサンと女とダッチワイフのゆるエロ同居ダイアリー1巻目出ます。
ダッチワイフと暮らす絵の先生の元に突如現れた女・泉。
彼女は先生の寝室にてダッチワイフを発見する。
泉は先生の制止も聞かず居間に引っ張り出し、
”彼女”たちと の奇妙な共同生活が始まった。
しかし先生の顔がなんともいい味だしてます。
お話もおもしろくてかなりオススメの作品です。
このコミックスは近々ここで紹介したいと思います。

ヴァムピール (3) (アフタヌーンKC)
生者・死者・半死者・・・。
各々が交錯し人の奥底に潜む悪意が暴かれた時、
“ヴァムピール”が現れる。
戦慄のサスペンスアクション3巻目登場。

PEEPO CHOOピホチュー (1) (モーニングKC)
シカゴのダウンタウンに住むミルトンは重症なNERD(オタク)で、
MANGAの国・ニッポンにあこがれている。
コワモテのコミックショップオーナー・ギルは、刑務所帰り。
東京で今売り出し中のヤクザ・森本“ロックスター”はアメリカTVドラマにつかっていた。
ミルトンはふとしたきっかけで夢の国・ニッポンへのチケットを手に入れるが・・・。
著者はフェリーペ・スミスという方で、オハイオ出身。
シカゴのアートスクールを卒業したあと、
マンガアーティストを志しロスのカラオケ屋でバイトし日本語を学ぶ。
一昨年サンディエゴで「モーニング・ツー」の編集者と運命的な出会いを果たし、
来日して現在は日本で漫画家・・・という不思議な人。
というか連載誌『モーニング・ツー』は海外の漫画家さんにも力を入れているので、
不思議でもないんですが。
でもやっぱり雰囲気は外国な感じ・・・。
意外にすんなり読めたので偏見なのかな?とも思いますが、
なかなかむつかしいですよね、やっぱり。

ヤング島耕作 主任編 3 (3) (イブニングKC)ヤング島耕作 主任編 (3) (イブニングKC)
(2009/04/23)
弘兼 憲史

商品詳細を見る

島は自分とは相成れない上司・福田と得意先をゴルフで接待することに。
上司の背中に見たサラリーマン哲学とは・・・。
ヤング島耕作も3巻目。

主に講談社青年系のコミックスのラインアップ。
今日は『アザゼルさん』や『ジャイキリ』など人気のコミックスが出ますが、
個人的に『DoLL』がオススメ、いい味出ていますよ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://meganechanblog.blog104.fc2.com/tb.php/710-985521d4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。