スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『花と奥たん』かわいい奥たんと巨大な花
うるわしが丘西4丁目東京近郊の住宅街に住む奥たんは、
旦那たんとうさぎのPたんと暮らしています。
奥たんの毎日は忙しい、朝ゴハンが終わったらすぐ晩ゴハンの心配。
どんなに世界が大変でもたとえ世界が終わろうとも、
働いて帰る旦那たんのために毎日美味しい手料理を作って帰りを待ちます。
だって奥たんは新婚なんですから!
料理の才能バツグンで家庭農園もしているので経済的で賢い主婦の奥たん、
毎日欲しい食材を求めて買い物に出ます。
道に迷ったり時には大冒険をしてハラハラさせますが、
それもこれも大好きな旦那たんのためなんです。
そんなカワイイ奥たんのホームコメディ・・・というわけにはいかないんです。
奥たんが暮らす世界に1年前巨大な花が出現しました。
そのおかげで全植物は活発化し花がある東京はジャングルになり閉鎖、
奥たんの住む街でも食料は配給制、魚など禁止食は闇市でしか手に入らない。
そんな絶望の世界でけなげに旦那たんの帰りを待つ奥たん毎日を描いた作品です。

奥たんは東京から帰らない旦那たんを待つ残された主婦なんです。
物語の中の世界で何が起きたか詳しい部分はまだ明かされていません、
ただ普通に暮らせる世界ではなさそう。
でも奥たんはこの世界でとてもキラキラした存在。
だって奥たんは大好きな旦那たんのために毎日美味しゴハンを用意する、
ただそれだけのこと、奥たんにとっては当たり前の毎日。
そんな奥たんのキラキラした部分に反するこの世界とのギャップが強烈な印象。
そしてこの作品のもうひとつの注目は奥たんの作るその料理にあります。
家庭的で素朴な食材が色鮮やかに食卓を飾ります。
「オクラとみょうがの梅和えパスタサラダ」「ひじきとおからのハンバーグ風」
「かぼちゃとゴーヤのスパイス煮」「土鍋で炊いたツヤツヤのごはん」などなど。
これは著者の高橋しんさんが考え料理を実際してるそうです。
どうりで美味しそう、たくさんの時間を細部にまで費やしている感じが伝わります。
もちろん単行本にはレシピと実際料理した写真付きです。

奥たんのけなげさに感動し、買い物という大冒険にハラハラさせられ、
この世界の謎に頭をかかえ、美味しい料理を堪能できる、そんな作品。
奥たんと一緒に旦那たんの帰りを待ってみませんか?

花と奥たん 1 (ビッグコミックススペシャル)花と奥たん (1) (ビッグコミックススペシャル)
(2009/04/30)
高橋 しん

商品詳細を見る
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://meganechanblog.blog104.fc2.com/tb.php/725-fa9aad8d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。