スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『すーちゃん』30代独身女性のリアルな日常
ひとりでドラマなんかをぼーっとしながら見てる時にふと、
「世の中の人って派手に恋愛したりバリバリ仕事してんだなー」
なんて思うことがありますがあれって現実離れしてますよね。
だって大多数の人は、仕事して家に帰ってごはん食べて寝て・・・。
地味な毎日繰り返して生きているんだと思います、これが現実。
そんな現実をさらっと描いているのがこの作品です。
お金も美貌も男もない、でも職場じゃ“さん”と呼ばれる年齢のすーちゃん。
ひとりでいたいわけじゃないけど誰でもいいわけじゃない、という恋愛感を持ち、
仕事も人づきあいもキチンとしてきた、でもこれでいいのかな?
自分は自分が好きじゃないかもしれない。
そんな彼女の日常は大変リアルです。
だからすーちゃんの言葉や行動にはドキっとさせられます。

例えばカフェで働くすーちゃんは女だらけの職場で過ごしていますが、
女が好きな新しい話題にものらりくらりうまくすり抜けるのがコツだといいいます。
職場では心をひらく必要もないし本当の自分はそこにはいらない、
とドライな考えをしたりする一方、
いつも信号無視をする横断歩道で子供がいたから信号を守ったり、
電車の老人ホームの車内広告に見入ってみたり、
アロマキャンドルを風呂に浮かべてみたけど落ち着くか着かないかわからなかったり。
その言葉・行動は不安だっだり黒かったり、でも納得できたり・・・。
またこの物語に登場するすーちゃんの友だち・まいちゃんも、
同じような考えをもった30代独身女性でリアルに共感。
ほのぼのタッチで描かれているからこそリアルが鮮明なんですね。

誠実で真面目で頭がいいすーちゃんの日常に共感間違いなしの1冊。
すごく人間くさいすーちゃんが私は好きです。
すーちゃん・・・もっとバカになった方が得するよ!なんて言いたくなりますが、
出来ないところがまたリアルなんですよねー。

すーちゃんすーちゃん
(2006/04)
益田 ミリ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://meganechanblog.blog104.fc2.com/tb.php/753-996e1ea8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。