スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『化け猫OLタマミさん』七代先まで祟ってやるニャー
それは江戸時代、飼い主・塩川良一郎に「化け猫!」と切りかかられ、
7代先まで祟ってやると誓った化け猫タマミさん。
やっと7代までたどりついたのは現代。
塩川の子孫の情報収集に雇ったネズミの忠太に月10万円払い、
子孫がいると聞いてはその町に行くまで交通費はかかるし、
家賃もいるし、なにかとお金がかかる現代で、
遅刻はするは居眠りするはズル休みはするはのダメOLと化け猫を両立して生活中。
上司に怒られてばかりのストレスを上司を祟って発散しようとしたり、
近所にできた魚屋のマサさんに恋心を抱いたり、
そんな化け猫OLタマミさんのほんわか恨み節コメディ。

タマミさんは半殺し程度に祟った後スッキリしてルンルンで家に帰ったり、
かわいいしぐさを見せてくれます。
せちがらい現代は情報が少し古いと祟る相手が引越していたり、
それ知らずに夜中にドアを叩き続けて隣のおばさんに怒られたり、
タマミさん曰くいいニオイがする魚屋のマサさんと手をつないで腑抜けになったり、
もう7代も祟っていると人間らしくなるのかカワイイタマミさんなのです。
物語はほんわかムードのコメディで始まるのですが、
途中から登場するタマミさんを慕う、
男をたぶらかせて金を巻き上げる妹分的ロリ化け猫が、
マサさんとの恋路を邪魔したりとちょっとした急展開を迎えてしますが、
全体的にほんわかした読みやすいギャグコメディに仕上がっています。

妙な脱力系が気持ちいい恨み節コメディ。
タマミさんに祟られるとめんどくさそうだけど、
近くにいたらおもしろいかも、そんなほんわかな恨み節ですよ。

化け猫OLタマミさん想い続けて七代目 (GAコミックス)化け猫OLタマミさん想い続けて七代目 (GAコミックス)
(2009/08/16)
佐々木 崇

商品詳細を見る
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://meganechanblog.blog104.fc2.com/tb.php/841-c22165f3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。