スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『テルマエ・ロマエ』ある生真面目な古代ローマ人の話
それは古代ローマ時代。
風呂設計技師のルシウスは自分の公衆浴場アイデアを、
古いと勤めている事務所に言われクビになってしまう。
落ち込むルシウスに声をかけてきた友達のマルクスと大衆浴場に向かうが、
その騒々しさには毎回辟易・・・。
「風呂はリラックスするためのものであるべきなのに」とお湯の潜ったルシウスは、
風呂の湯の奥に妙な排水口を見つける。
どのような仕組みになっているのかとのぞいてみると、
すごい吸引力でその排水口に引き込まれてしまう。
気がついて湯船からでたルシウスは見たことない光景の風呂場にいた。
そこは現代の日本の銭湯、彼はタイムスリップをしていた。
そのことに気が使ないルシウスは、顔の平たい奴隷の浴場に出たと勘違いをする。
しかし平たい族の奴隷の浴場はルシウスから見れば文明の進んだ浴場。
浴場に山の壁画、ケロリンの湯桶、脱衣所にある巨大な一枚ばりの鏡、
衣服を入れておくカゴ、広告ポスター・・・そして、
平たい族がくれた瓶に入った冷えた甘い味のする牛乳(フルーツ牛乳)!
感動のまま気を失うルシウスは再び古代ローマに戻り、
平たい族の浴場そのままを再現し大人気建築家となる・・・が!

タイムスリップなんて設定は大きいんですが、
要は毎回古代ローマで風呂の設計に行き詰るとなぜか現代日本にタイムスリップし、
また古代ローマに戻って人気建築家になるルシウスのお話なんです。
行き来しているのは風呂場だけ!だけのに、単純なのにこれがハマってしまうんです。
露天風呂・家庭の風呂・ショールームの浴槽・湯治など、日本の風呂も毎回様々。
主人公のルシウスが真面目すぎる真面目な男というのがいい。
毎回いろんな現代の風呂場に行ってはは真剣にそれぞれの風呂場を観察し、
平たい族(現代の日本人)と絡み、そして猛烈のその文明の素晴らしさに感動する。
真面目なルシウスのおかがでバカバカしさがより際立ってくるんですよね。
あと毎回ちゃんと古代ローマに戻ってくるというのが安心できて好感触です。

大冒険なのになんだかせまい範囲で行動する古代ローマ人・ルシウスの時空冒険。
バカバカしくて真面目に笑えます。
これはついに『聖☆おにいさん』超えたかも・・・。
と思うのは私だけでしょうか?

テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)テルマエ・ロマエ (1) (BEAM COMIX)
(2009/11/26)
ヤマザキマリ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://meganechanblog.blog104.fc2.com/tb.php/876-0383ee6b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。