スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『オハナホロホロ』かわいい男の子と家族の物語
翻訳家の麻耶はシングルマザーのみちるとその息子ゆうたと同居生活をしている。
かつて麻耶とみちるは一緒に住んでいたことがあった。
麻耶とみちるは女同士でありながらかつてそういう関係だった。
若い頃のみちるは自由奔放で、さみしがりやで、男でも女でもおかまいなしで。
だけどそんな生活も長く続かず2人の同棲は2年で終止符をうった。
そして再び現れたみちるはコブつきだった。
今度は同棲ではなく同居生活をスタートさせた2人。
そこに同じマンションの下の階に住む二コが加わり、
不器用な2人と天真爛漫な男の子の生活は再びスタートした。

5年前突然いなくなったみちる、残された麻耶、
2人の思いは残ったままだった。
そしてまたフラっと現れたみちると今度は3人暮らしをスタートさせ、
その生活にいつのまにか混ざっていたのが下の階に住むニコ。
ニコはプレイボーイだけど彼と大人の関係になった女の子には見向きもせず、
みちるの息子ゆうたにベッタリ。
でもニコもこの3人と一緒にいる意味があるんです。
複雑な大人の事情が絡み合う中、
唯一無二の存在は小さい男の子ゆうた。
ゆうたの存在が大人の事情をうまく緩和させてくれます。
そしてこの著者・鳥野しのさんの描くタッチはすごくやわらかく、
色の使い方もかわいいらしいので
絡み合う事情もあまりキツくならず、
その部分がうまく浮き出てくる感じがします。

ちょっと変った家族の温かくて切ない物語。
つらい恋をした大人たちに読んでもらいたい作品ですよ。

オハナホロホロ (Feelコミックス)オハナホロホロ (Feelコミックス)
(2010/01/07)
鳥野しの

商品詳細を見る
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://meganechanblog.blog104.fc2.com/tb.php/905-c0463bc0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。